2015年3月1日(日)上演! 『想の怪』 【会場】 アトリエ・ハコ http://atelier-haco.com/map.htm 【出演】 藤田祐子・タケケ・野中春菜・中島玲奈(劇団やぶさか) 【脚本/演出】  愛川武博 【タイムテーブル】 3月1日(日)    12:00    15:00    18:00 ※席が限られているため、お早目にご予約ください。(定数20) ※当日でも空席があれば、お席をご案内できますが、確実な予約をお勧めします。 ※受付・開場は開演の30分前です。 【料金】 当日・前売り共に 一般 2000円 高校生以下 1000円(受付にて身分証をご提示ください。) ※リピーター割引 半額(半券をご持参ください。) 【ご予約】 idousuruhitsuji@hotmail.co.jp こちらのアドレスに、以下の4点をメールにてご連絡ください。 ?お名前 ?公演時間(12時/15時/18時) ?券種(一般/高校生以下) ?ご予約枚数 ※劇団からの返信をもって予約完了になります。 (2日以上返信がない場合は未着の可能性がございます。お手数ですが再度ご連絡ください。 ) 『想の怪』 そこは古びたアパート〈キノコ荘〉の一室。 取り壊される寸前のそのアパートに、一人の絵本作家が住んでいた。 彼女のペンネームはキャンディーヌ河合。 毒のある絵本で、世間に賛否のあらしをまきおこした河合祐子その人である。 そこに無限書房の編集者、多田武博が編集局長の言づてを携え、慌ただしくやってきた。 それは「次回作が前作の出版部数を越えない限り契約を打ち切る」という内容のものだった。 しかし当の祐子にはまったくアイデアがない。描く気もない。 それどころか奇妙なことを言いだした。 「ぜったいぃ、オモノケがいるぅ〜」 「先生っ……なんですかソレ…」 怖がる多田に、祐子はある一冊の本〈書の怪〉に書かれた最初の一文を呟いた。 「この世の全てには怪がある」 本にはこの世の中にあるたくさんの怪が記されているらしい。 「ねぇ、知ってる?だから人が思った想いにも〈怪〉はあるのよ?」 それを聞いた多田は目を輝かせてこう言った。 「先生、それ、絵本にしましょう!」 2人はアパートの大家さんと、昔〈キノコ荘〉に住んでいたという突然の来訪者をまきこんで、なんとか売れる絵本を作ろうと奮闘する。ぶつかる意見、飛び交う会話。繰り広げられる絵本世界――。 果たして彼女たちは〈絵本〉を作れるのだろうか? 世界に溢れている数々の想いの絵本を創るべく、4人が織りなすワンルーム絵本創作冒険潭。 【出演】 藤田祐子×タケケ ×中島玲奈×野中春菜 [企画制作] 移動する羊